読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROOM45

とにかく思いついたこと、話したいこと、気になること、紹介したいことを記事にしていく

天元突破グレンラガンは私の1番好きなアニメ

最近の風の強さがハンパじゃないです。

 

歩いているとお店の前の看板が、軒並み倒れております。

 

さすがに言い過ぎました。

 

では今日はアニメの話。

 

元々アニメをよく見る私がamzonプライムビデオで見るものはやはりアニメなのです。

 

最近見たのは、化物語弱虫ペダルグレンラガン

そして今日話すのは私の大好きなグレンラガンの話です。

 

天元突破グレンラガン

 

正式なタイトルは「天元突破グレンラガン

2007年4月から9月まで放映されておりました。

「螺旋力」に覚醒した主人公「シモン」が「ガンメン」と呼ばれるロボットに乗り、自由を勝ち取る物語です。

 

一言で言うとこのアニメは終始「気合」で話が進んでいきます。ロボットを動かすのも気合、ピンチの時も気合。とにかく何事も気合で乗り切ります。

ただその理屈じゃない熱い展開がグレンラガンの一番の魅力です。

 

簡単な序盤のあらすじです。

 

人間は何百年もの間、地中に穴を掘って暮らしていました。ジーハ村で暮らす主人公の少年シモンは、ある日穴を掘っている途中で、小さなドリルと顔を見つけます。

兄貴分のカミナにその顔を見せようとした時、突如天井が崩れ、巨大ロボットとライフルを持った少女ヨーコが落ちてきます。

3人は協力して巨大ロボットを打ち倒し、その勢いのまま地上に飛び出します。

地上の光景に圧倒されたシモン達は、地下での暮らしを捨て、地上を旅することを決意します。だが地上は獣人が支配する世界だったのです。

 

この後シモンは大切な人との別れ、螺旋王との戦い、強敵との共闘を経て、戦いは全宇宙をかけた壮大なものへと進んでいきます。

 

グレンラガンの魅力は熱い展開と紹介しましたが、このアニメはまさにそれにつきます。

ストーリーとか、細かいことをガタガタ言ってんじゃねえ!そういうことなんです。

 

地中暮らしから、地上へ出る。

どんどん仲間が増えていって、大グレン団になる。

ピンチに仲間が助けに来る。

螺旋王を倒し、地上の支配から抜け出す。

好きな女を助けるために宇宙を支配するやつに喧嘩を売る。

銀河サイズのロボットで戦う。

 

もうすべてが熱い展開です。理屈じゃない、このめちゃくちゃかつ王道な展開こそグレンラガンのすべてなんです。

 

そんな熱い展開ばかりのグレンラガンですが、最後は涙なしでは語れない結末が待っております。

 

すべての戦いが終わった後のシモンに、あんな仕打ちが待っているなんて、もう悲しくて悲しくて。ただシモンはすべてをわかっていたんです。すべてをわかったうえでの結末だったのです。

劇場版最後のシーンへつながる、EDのシモンの後ろ姿を是非見ていただきたいです。

 

アニメ版と劇場版は内容が少し違ってきますが、ほぼ同じ内容なので、興味があってまだ見ていない方は、お好きな方を見てみてください。

ただそれぞれの良さがあるので、時間のある方は両方見てください。後悔はしないです。

 

時間がない方は、劇場版が紅蓮編と螺巌編の映画2本分なのでそちらがオススメです。

 

言葉ではなかなか伝わらないですが、私の一番好きなアニメなので是非一度見てください。