ROOM45

とにかく思いついたこと、話したいこと、気になること、紹介したいことを記事にしていく

職人のダボダボズボン

最近すごく疑問なのが、なぜオラオラ系男子たちはスウェットズボンばかり履いているのか、格好見ただけでヤンキーだ!ってなりますよね。

この前なんか履いてるスウェットがピチピチすぎて、お尻がぷりぷりしてる方がいましたがすごくオラオラしてました。『ピチピチ』したいのか『ぷりぷり』したいのか『オラオラ』したいのかどうしたかったのでしょうか。

 

ということで今回は服の話です。服と言っても制服です。

 

これは制服と言えないかもしれませんが、近所で新しいマンション、アパート、一軒家がたくさん建ち始めておりまして、そこで働いている職人さんたちは、みなさんとても太いズボン履いています。

なぜわざわざあんな太いズボンを履いているのかすごく不思議に思ったんです。あんな太いズボン履いていたら引っかかって危ないし、きっと汚れやすいです。

でもきっと何か理由があるのだと思います。

f:id:onuma00:20170318000833j:plain

 

私の中学時代にヤンキーの友達が太いズボン。いわゆるニッカポッカを履いておりました。世代的にはそんな世代ではないのですが、友達にいました。

そういえば学ランの裏地ありとか、裏ボタンをつなげたら「喧嘩上等」になるやつにしたりそういうのが私の中学では流行ってました。今でもそういうのあるんですかね?

話は脱線しましたが、実はこのニッカポッカ、機能的に優れているようです。

足を曲げたり、無理な体勢になった時、ダボダボでサイズに余裕があるのでとても動きやすいようです。また高所での作業なので、あのダボダボが風を感じやすく、危機察知できるだとか、裾が何かに触れることで、そこに何かあると気付けるので、危険な場所での作業が多い職人さんたちとってはとても機能的という感じらしいです。

他にもペンキをぶちまけた時、熱いものをこぼした時に直接肌に触れないとか、いろいろメリットがあるみたいです。

正直ただのヤンキーファッションぐらいに思っていたところがあったので、いろいろわかってくると非常に申し訳ない気持ちになってきました。

ただ中学時代のヤンキーファッションはただのかっこつけですね。ヤンキー怖いです。

 

ということで次です。

 

医者、研究員などの職業の方はなぜ白衣を着ているのでしょうか?

これに関しては思っていた通りというかやっぱりなという感じでした。

清潔に見える、刺激を与えない、血がついた時にわかるなど、やはり衛生面を考慮して白衣を着ているみたいですね。重大な病気にかかっている方の血が付いていることに気づかずに、他の患者さんを処置して感染なんてことになったら大変ですからね。

でも最近は白衣を着ていなかったり、色が白じゃないものを着ている人もいらっしゃいますよね。これは患者さんに刺激を与えないとかリラックスさせるためみたいです。

 

でも私が医者だったら絶対白衣着ますね。かっこいいですよね白衣。

正直かっこいいと思って白衣着てるお医者さんいると思いますよ。絶対。

むしろ頑張って勉強して激務である医者になったんですから、そういう部分でドヤっていくべきです。