ROOM45

とにかく思いついたこと、話したいこと、気になること、紹介したいことを記事にしていく

音楽好き必見!国内最大級の日本4大フェスとオススメのフェス!音楽フェスまとめ!

最近はめっきり暑くなってきまして、暑くなってくるとやっぱりあれですよね。

そう。夏フェスですね。

フェスが流行ってきて、今ではいろんなところでジャンル問わずたくさんのフェスや音楽イベントが開催されるようになりました。

 

日本4大フェスといえば

ROCK IN JAPAN FESTIVAL

FUJI ROCK FESTIVAL

RISING SUN ROCK FESTIVAL

SUMMER SONIC

この4つが挙げられます。開催規模、出演アーティストなどどれをとっても日本最大級なのは間違いないでしょう。それぞれに特色があり、積み重ねてきた実績もあります。

初めてフェスに行くならば、この4つから選べば確実に楽しむことができるでしょう。

 

ROCK IN JAPAN FESTIVAL

茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」で開催されているこのフェス。

ロックと言いつつも毎年様々なジャンルのアーティストが出演しています。

最近で言えば、湘南乃風RIP SLYMEきゃりーぱみゅぱみゅ星野源中島美嘉などなどロックというジャンルにとらわれず、JPOPからもたくさんのアーティストが出演しており、「フェスに行きたいけど、ロック全然聞かない」という人でも十分に楽しめるフェスとなっております。

ここ数年は、4日間の日程で、2週連続の土日開催なので、わざわざ休みを取らなくても良くなり、どの日程にも参加しやすくなっています。来場者数も年々増えており、2016年は約27万人が訪れたようです。

rijfes.jp

 

RISING SUN ROCK FESTIVAL

北海道小樽市にある石狩湾新港樽川ふ頭の特設ステージにて行われるフェスです。(石狩市でやるのかと思いきや小樽市でやるんかい!)

日本初のオールナイト野外ロックフェスティバルとして始まったこのフェスは、自らテントを設営して、遊ぶ時は遊んで休む時は休むという、まさに自由なフェスとなっています。

オールナイトなので早朝。朝日が昇るその瞬間を見ながら音楽を楽しむことができる唯一のフェスなんじゃないでしょうか。

北海道の自然を感じながら音楽を楽しむ素晴らしいフェスですね。

2016年の来場者は2日間の開催で約6万6千人。ラインナップは稲川淳二さんが出るなどかなりバラエティーに富んでいます。

rsr.wess.co.jp

 

FUJI ROCK FESTIVAL

はい日本の夏フェスと言えばフジロックなんじゃないでしょうか。

新潟県湯沢町苗場スキー場で開催されるこちらのフェスは、海外アーティストがメインで出演するフェスとなっております。何かと話題に上がるフジロック。山の天気は変わりやすいと良く言いますが、土砂降りの中ライブをやったりしてるイメージが強いです。音楽だけでなく広大な敷地の中にあるアトラクションや川なんかで遊んで、音楽にこだわらずいろんな楽しみ方のあるそんなフェスだと思います。

もちろん海外アーティストだけでなく日本の有名アーティストもたくさん参加します。

2016年は三日間の開催+前夜祭で約12万5千人が訪れたフェスとなりました。

www.fujirockfestival.com

 

SUMMER SONIC

大阪と東京の2会場で行われるフェスで、海外アーティストが出演するフェスです。夏フェスの中で東京で開催されるサマソニはとにかくアクセスがしやすく、千葉県にある幕張メッセマリンスタジアムを利用したフェスとなっております。(大阪は行ったことがないのでわかりません。すみません。)

海外のアーティストがジャンル問わず出演し、その中に日本の有名アーティスト出演するラインナップとなっております。メインステージのマリンスタジアムにはスタンド席があるので、椅子に座りながらゆっくり音楽を楽しむことができるでしょう。

外は暑いなとなったら幕張メッセで涼みながら、音楽を楽しむことが可能です。屋内と屋外がある夏フェスは快適でいいですね。

2016年は2日間の開催で約19万4千人が訪れています。

www.summersonic.com

 

男鹿なまはげロックフェスティバル

秋田県出身の私が自信を持ってオススメするフェスを一つご紹介させてください。

この4大フェスの並びに一緒にしていいフェスかは別として、地元秋田でこんなフェスが毎年行われていることに感動と喜びを感じています。

秋田県男鹿市船川港で行われているこのフェスはほぼ海でやっていると言っても過言ではありません。ステージの後ろには山。前には海と出演アーティストの方には気持ちの良い風景となっているのではないでしょうか。

毎年国内のロックバンドがたくさん出演しているのですが、秋田出身の私からしても「なぜ秋田にこの人たちが集まるの?」と思わされるくらい強力なラインナップとなっております。BRAHMANMAN WITH A MISSION 、BACK NUMBERなど2017年だけでも秋田にこんないろいろきてくれるの?というラインナップとなっております。

そしてこのフェスの良さはラインナップもそうですが、音がいいです。会場が小さいせいもあるのかもしれませんが、運営の方も努力しているのでしょう。野外にしてはかなり音がいいです。また出演アーティストもすごく楽しんでいるのが伝わってきて、いい意味で非常にラフなフェスです。私個人的に「ぜひ一度見に来て欲しい!」そんなフェスとなってます。

ただアクセスが非常に大変なんです。公式twitterでもそんなことを嘆いておりましたが、私から見ても非常にアクセスしづらいです。秋田というど田舎なので宿泊施設もたくさんあるというわけではありませんが、運営の方も頑張っています。

そんな男鹿なまはげロックフェスティバル是非一度参加してみてはいかがでしょうか。

余談ですが、TOTALFATの夏のトカゲはこのフェスから生まれた曲でもあります。

onrf.jp

 

 

と簡単にフェスのことをまとめてみました。詳細やラインナップについては公式サイトを参照していただき、参加したいと思っている方はチケットの早めの確保をオススメします。年々フェス需要が高まっていますからね。チケットを手に入れるのも一苦労です。私はロッキン、サマソニ、男鹿フェスに参加しようかと考えております。

みなさんで夏フェスを楽しみましょう。