ROOM45

とにかく思いついたこと、話したいこと、気になること、紹介したいことを記事にしていく

アニメ好きの私がおすすめする学園アニメ7選!(随時更新)

今回はおすすめの学園アニメ7選ということで、主な登場人物が学生でかつ普通の日常?を舞台にしたものを選んでみました。

学園アニメとなると、どうしても恋愛ものが多くなってしまいます。普段は「恋愛アニメなんて興味ない!」と言っている私ですが、いざ見てみるとめっちゃ面白い。

「男が少女漫画読むなんて恥ずかしい」みたいなのに囚われているのでしょう。そんな男性諸君に朗報です。まさに今!その呪縛から解き放たれる時が来た! 

 

 ということで行ってみましょう!

 

 

響け!ユーフォニアム

f:id:onuma00:20170602101709p:plain

 物語の舞台となる京都府立北宇治高校は10年ほど前までは吹奏楽の強豪校だったが、今ではすっかり落ちぶれている。入学式で聞いた校歌演奏は酷いものだったが、小学4年生の時から吹奏楽を続けている黄前久美子(おうまえ くみこ)は級友たちの誘いを断れず吹奏楽部へ入部する。

響け! ユーフォニアム - Wikipedia

 恋愛アニメの前フリをしておいて、一発目は部活ものです。

このアニメはとにかく絵が綺麗。というかキレイすぎてやばいです。本当にやぶぁい。

あと吹奏楽が題材のアニメってなかなかないんじゃないでしょうか。部活を楽しむ女子高生の日常を描いたほのぼの系アニメではなく、本気で全国を目指す高校の、繊細な人間関係や心理描写などなかなか深いアニメです。

細かいところかもしれませんが、黄前ちゃんが親に話す感じなんかは「ああ〜高校生のときってこんな感じだよな〜」なんて思わされました。

 

 

涼宮ハルヒの憂鬱

f:id:onuma00:20170602102501p:plain

「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」

高校入学早々、この突飛な自己紹介をした涼宮ハルヒ美少女なのだが、その性格・言動は変人そのものであり、クラスの中で孤立していた。しかし、そんなハルヒに好奇心で話しかけた「ただの人間」である、キョンとだけは会話をするようになる。

涼宮ハルヒシリーズ - Wikipedia 

はい。ハルヒ。高校生の時にアニメの話をするとエヴァハルヒでしたね。

エヴァほどの知名度はないものの、間違いなく大ヒットした作品でしょう。作品の内容については今更私から語ることはないでしょう。一ついうならば「昔は髪長いハルヒがよかったけど、今は髪切ったハルヒの方がいいな」ってことですかね。

あとエンドレスエイトだけは絶対に許さない。絶対にだ。

 

 

君に届け

f:id:onuma00:20170602102650p:plain

舞台は北海道。北幌高校に入学した黒沼爽子は性格は良いが、見た目が暗く、長い黒髪から、周りからは「貞子」と呼ばれて恐れられ、クラスに全く馴染めないでいた。しかし、自身とは対照的な、爽やかで、学年で男女問わず人気者で、噂を全く気にしないクラスメイトの風早翔太と親しくなった事をきっかけに、友情恋愛進路などを通して爽子は新たな発見をし、1歩1歩成長していく。そして、爽子を中心に、風早たちの友情・恋愛・進路も動き出す。

君に届け - Wikipedia

 なんというか、こういう男女の恋愛がメインのアニメを、初めて面白いと思ったのがこの作品でした。それまでは見てなかったので思いようがなかったのですが。

アニメの絵も今まで見てきたアニメとは全然違って、まさに『少女漫画をアニメ化しました!』みたいな感じでした。

【主人公の爽子は暗い見た目で貞子と呼ばれていた】

いや!普通にかわいいから!ドストライクですから!声も能登さんだし!そりゃクラスの人気者にもなりますわ!

はい。落ち着きましょう。

なんだかんだ言っても面白いんですよ恋愛アニメは。よくある表現ですが『甘酸っぱい』ですね。

実写映画化もされております。そっちは多部ちゃんが爽子役ですね。見てないですけど、なかなかのハマリ役ではないでしょうか。 

 

 

一週間フレンズ。

f:id:onuma00:20170602103012p:plain

高校生・長谷祐樹は、いつも一人きりでいるクラスメイトの藤宮香織と仲良くなりたいと思い、彼女に近づこうとする。しかし、彼女はそれを頑なに拒む。その理由は、「1週間で友達との記憶を無くしてしまう」から…。

だが、それでも祐樹はひたむきに、香織との仲を紡いでいこうとする。祐樹の親友でクールな桐生将吾や、天然系の忘れっぽい性格の山岸沙希との交流を通して、香織は少しずつだが友達のことを記憶できるようになっていく。

一週間フレンズ。 - Wikipedia

 ちょっと特殊な設定の恋愛アニメ。

一週間で友達との記憶をなくしてしまう藤宮さんに、長谷君が一生懸命アタックする話。

好きな子と仲良くなるのって一週間でも結構難しいですよね。それなのに休み明けの月曜日に話しかけたら「誰だっけ?」となってしまう悲しさと言ったら・・・

それでも長谷君は頑張るんですよねー。「頑張れ長谷君!」と思って見てました。

アニメしか見たことなかったのですが、元々は4コマ漫画とストーリー漫画のミックスだったんですね。そういう漫画もあるんですね。

映画化もされておりますが、例によって私は見ておりません。興味がある方は両方見てみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

 

となりの怪物くん

f:id:onuma00:20170602103328p:plain

主人公水谷雫は、幼少期からトップの成績を取ることしか興味が無く、生き物に対しての慈しみも乏しい。小学生時、クラスで飼っていたウサギが死に、皆が悲しむ中でも宿題を優先する発言をし、周囲から「ドライアイス」とあだ名をつけられるような勉強の虫だった。

高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由で依頼されてプリントを届けたことがきっかけで、入学式当日に流血事件を起こし、停学処分解除後も不登校を続ける問題生徒・吉田春(通称「ハル」)と知り合う。

となりの怪物くん - Wikipedia

はっきり言ってあまり内容は覚えていないが、面白かったのは間違いない・・・

なんというか。「あっさり見られて面白いけど内容はあまり覚えていない。ただキャラクターのことは覚えている」  みたいな感じです。

全体的に癖のあるキャラクター設定で、そこがこのアニメの一番のいいところなんじゃないでしょうか。

ちなみい私のお気に入りは、夏目ちゃんです。かわいいけど本気でモテたくないというキャラ設定がいい感じです。まあモテたくないというのにも理由があるのですが。

とにかく面白いので見てください。ちなみに1話見てみたらやっぱり面白かったです。

そして私はなぜか最初の方を見ていなかったみたいで、後で見直しておきます。

「全部見てないのにおすすめするのかよ・・・・」と思っても思うだけにしてください・・・

 

 

けいおん!

f:id:onuma00:20170602103529p:plain

 唯・澪・律・紬が入学した時点で、桜が丘高校軽音部は前年に部員全員が卒業したため部員数が0となり、新たに4人の部員が入部しなければ廃部となる状況だった。そのため軽音部に入部を希望していた田井中律は自ら発起人となり、幼なじみの秋山澪を半ば強引に入部させ、合唱部の練習場所と間違えて二人のいた音楽室にやってきた琴吹紬も勧誘し、部員数を3人にする[注 4]。そこに軽音部を「軽い音楽をする部活」と勘違いした平沢唯が4人目として入部したことで、軽音部はなんとか廃部を免れることができた。さらに翌年、新入生の中野梓が入部したことで部員数は5人となる。

けいおん! - Wikipedia

 けいおんって社会現象になりましたよね?違ったかな?

確かこのアニメが放送されてから全国に軽音部が増えたとか増えてないとか。

まあそれはさておき、内容は女子のほのぼの系部活アニメですね。

これがきっかけで楽器を始めた人も多いんじゃないでしょうか。私もバンドやってたりしたので、題材的にも面白くて当時ハマっておりました。作中で使われる曲もいい感じでしたね。オープニングとエンディングも彼女たちが演奏しているようですが、レベル高すぎてやばいです。特にドラムのリッちゃんはマジでやばいです。これを弾きたいと思って楽器を始めた人は、確実に挫折したことでしょう。

演奏力の話は置いておいて、画像の通りのアニメなので楽しく見ることができると思います。

 

  

とらドラ!

f:id:onuma00:20170602103639p:plain

 父親譲りの目つきの鋭さのため、ヤンキーに見られてしまうことを気にしている高須竜児は、高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨や、親友である北村祐作と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須はヤンキー」という誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で誰彼かまわず噛み付く「手乗りタイガー」こと逢坂大河との出会いにより、意外に早くその誤解は解かれることとなる。

とらドラ! - Wikipedia

 恋愛アニメならこれを一番に押したいですね。

大河はどう見てもツンデレなんですが、ツンデレといえばやっぱり声優は釘宮さんですね。というか釘宮さんは本当に上手ですよね。

肝心の内容ですが、私がとやかくいうのはよくないですね。好きなアニメだから実際に見て欲しい的なやつです。要は主人公の竜児と大河の恋愛アニメなんですが、そこまで到達するのにいろいろあるんですよ。いろいろね。

他のアニメ紹介系ブログとかでもよく紹介されるアニメなので、見て損はないでしょう。私もおすすめされてましたが「みんなが見てるアニメはな〜・・・」みたいなよくある謎のプライドみたいなのが発動してしまったせいで、見るのが遅くなりました。

みんながおすすめしているものは基本的に面白ので見ておいて間違いはないのです!

 

まとめ 

 今回は学園アニメ紹介でしたが、恋愛アニメって正直あんまり好んで見ないんですよ。

だって恋愛アニメって、なんか泣かせにきたり、心が苦しくなる展開多いじゃないですか。私、そういう展開に見事にハマっちゃうタイプなんですよ。泣く映画とかも泣いちゃうんです。見えてる罠に思いっきりひっかかるタイプです。

だがらなんとなくそういうの避けちゃうんですよね。でも実際見てみると面白い。食わず嫌いしている方も一度見てみるときっと面白いですよ。

今回紹介してる作品はとなりの怪物くんくらいしか見られるのなかった気がしますが、Amazonプライムおすすめなのでチェックしてみてください。

 

 

 

room45.hatenablog.com

 他のアニメの紹介はこち

 

room45.hatenablog.com

room45.hatenablog.com

room45.hatenablog.com