ROOM45

とにかく思いついたこと、話したいこと、気になること、紹介したいことを記事にしていく

妖怪アパートの幽雅な日常 第1話感想【2017年夏アニメ】

2017年夏アニメレビュー記事!シリーズものになってきましたが今回は

 

妖怪アパートの幽雅な日常

 

さあ行ってみよー!

 

room45.hatenablog.com

 

 

第1話あらすじ

春。中学を卒業した主人公 稲葉夕士。卒業式の後、親友の長谷泉貴と殴り合いの喧嘩をし、お互いの今後を話し合った。

f:id:onuma00:20170710155503p:plain

ストーリー | 妖怪アパートの幽雅な日常 - アニメ公式サイト

 

条東商業高校に入学が決まっていた稲葉は、念願の一人暮らし、寮生活を送れることを喜んでいたが、入学直前に条東商学生寮が家事で全焼してしまう。

 

両親を亡くし、親戚の家に身を寄せていた稲葉。叔父夫婦から寮の立て直しが終わるまでは、叔父夫婦の家から通うことを提案されたが、従姉弟のエリコとの確執もあり、自分の力で住む家を探すことになった。

 

不動産屋を回る稲葉だったが、未成年で両親のいない彼に家を貸してくれるところはなかった。途方に暮れ、ベンチに座り込む稲葉の前に一人の少年が現れ、一軒の不動産屋を紹介する。

 

いつの間にかいなくなった少年の勧めで入った不動産屋。稲葉はそこで格安の物件を紹介してもらう。アパートの名前は【寿荘】。店主曰く、『出る』物件なんだという。

いわくつきの物件を嫌がった稲葉だったが、寿荘に自分の部屋を持つ店主が、その部屋を半年間という条件付きだが、無料(話の流れ的に多分無料)で貸してくれるといので寿荘に住むことになった。

 

後日、不動産屋に連れられ寿荘を訪れた稲葉。寿荘は不気味な雰囲気を放っていた。

 

自らが住む部屋で不動産屋と話している途中、寿荘の住人で作家の一色黎明。鷹ノ台高校2年生久賀秋音と出会う。

f:id:onuma00:20170710155601p:plain

ストーリー | 妖怪アパートの幽雅な日常 - アニメ公式サイト

 

 

荷物整理を終え、一色と秋音と談笑する稲葉は、二人の雰囲気を見て『このアパートに来て良かった』そう思うのだった。

f:id:onuma00:20170710155635p:plain

ストーリー | 妖怪アパートの幽雅な日常 - アニメ公式サイト

 

夕方、秋音に誘われ、食堂に晩御飯を食べに行くことに。

美味しいまかない料理に喜ぶ稲葉だが、気づくと食堂内には明らかに人間ではない者達が料理を食べていた。

f:id:onuma00:20170710155734p:plain

ストーリー | 妖怪アパートの幽雅な日常 - アニメ公式サイト

 

夜、おかしなアパートに疑問を抱きつつ、一色と二人で、風呂に入りに行く稲葉。

 

アパートの地下にある風呂は鍾乳洞の中のようで、とても広かった。

 

「このアパートってなんか変ですよね?」

 

稲葉が一色に聞く。

 

「そりゃそうだよ。だってここ妖怪アパートだもん。ね?大家さん」

 

振り返った一色の後ろには、大きな口を開けた巨大な妖怪がいた。

 

 

朝、悪夢で目を覚ました稲葉は、自分の部屋の布団で寝ていた。

「夢か・・・」そう思い、窓を開ける。

 

「おはよう!よく眠れたチュン?」

「いつまでも寝ぼけてんじゃねーチュン!」

「でも寝る子は育つっていうよねチュン!」

 

3匹の青いすずめに話しかけられた。

 

いきなりの出来事に部屋を出て、階段を駆けおりる稲葉。

階段を降りた先、一色が玄関を掃除していた。

 

「昨日は大変だったね」

 

そう一色に言われ、改めてここが妖怪アパートなんだと理解する。

 

「ただいま!」

 

そこへ、秋音がバイトを終え帰ってきた。

秋音の後ろにはゾンビみたいなのが迫ってきていた。

 

「秋音さん!やばいよ!逃げないと!」

 

動かない秋音を助けようと駆け寄る稲葉。

 

「禁!」

 

秋音の言葉とともに消し飛ばされるゾンビ。

実は秋音は除霊師だったのだ。

 

ゾンビが消し飛ばされた勢いで座り込む稲葉の前を、黒い変な生き物が通り過ぎていった。

 

人間ともののけ達が共同生活を送る妖怪アパート。

稲葉夕士高1の春。自立を目指すその第一歩は、とんでもないところへ足を踏み入れてしまったようだ。

 

 

 

まとめ

1話を見るまでは、もっとギャグ要素が強い作品だと思ってましたが、実際見てみるとほのぼの日常系アニメなのかな。

1話を見終えた段階では、普通かな。面白いっちゃ面白い。決してつまらないわけではない。

全体的にふわっとしたアニメな気がするので、肩の力を抜いて、お茶でも飲みながら見たらいいんじゃないですかね。タイトルに幽雅ってありますしね。

あと声優陣が、よくアニメで声を聞く人ばかりなので、そこを楽しむっていう楽しみ方もありますよね!私はそれでこのアニメを見ようと思いました!

今後の展開に期待ということで終わります!