ROOM45

とにかく思いついたこと、話したいこと、気になること、紹介したいことを記事にしていく

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ) 第1&2話感想【2017年夏アニメ】

2017年夏アニメレビュー!まとめ記事から

 

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)

 

遅くなったので2話分まとめて!

行ってみよー

 

room45.hatenablog.com

 

 

あらすじ&第1.2話の簡単なあらすじ

かつて、冬木と呼ばれる街で執り行われていた、七人の魔術師と英霊たちによる【聖杯戦争】。

しかし第二次世界大戦の混乱に乗じて、”とある魔術師”が聖杯を強奪する。

数十年が経ち、その聖杯を象徴に掲げたユグドミレニア一族は、魔術協会からの離反、独立を宣言。

怒れる魔術協会は資格を送り込むが、彼らが小移管したサーヴァントによって返り討ちに遭う。

サーヴァントに対抗するにはサーヴァント。

聖杯戦争】のシステムが変更され、七騎対七騎というかつてない規模の戦争が勃発。隠して、ルーマニア・トゥリファスを舞台に空前絶後の規模の戦争––【聖杯大戦】が幕を開ける。

WORLD | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

第1話の簡単なあらすじ

時計塔に呼び出されたネクロマンサー獅子劫界離。

冬木で行われた第3次聖杯戦争において、マスターの一人であったダーニック・プレストーン・ユグドミレニアは、大聖杯を奪いそれを60年間秘匿し続けた。それが今ダーニックにより所有が表明され、彼の一族は時計塔からの離脱と新たな組織の立ち上げを宣言した。

この宣言を機に、対立した時計塔の”赤”陣営とユグドミレニア一派の”黒”陣営による、7騎対7騎の聖杯大戦が今始まろうとしている。

獅子劫は、この聖杯大戦に参加するために呼び出されたのだ。そして時計塔に保管されていた【伝説に名高き円卓のかけら】を使い、セイバーのクラス【モードレッド】を召喚するのだった。

f:id:onuma00:20170713041608p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

第2話の簡単なあらすじ

召喚された14騎の英霊たち。

赤陣営には【アタランテ】【アキレウス】【シェイクスピア】【スパルタクス】【モードレッド】【カルナ】【セミラミス】

黒の陣営には【ケイローン】【アストルフォ】【アヴィケブロン】【フランケンシュタイン】【ジークフリート】【ヴラド3世】【ジャック・ザ・リッパー

そして15人目の英霊。聖杯戦争を成立させるルーラーのクラス【ジャンヌ・ダルク】が召喚されていた。

赤のアサシンのマスターであるシロウ・コトミネは今後障害になるルーラーの抹殺を、ランサーであるカルナに命令するのだった。

f:id:onuma00:20170713041628p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

感想

やばい!難しい!毎回Fateシリーズを見て思うのですが、内容難しくない?

専門用語的なのが出過ぎて、毎回ごちゃごちゃになるんですよねー

それはさておき、私の中のFateシリーズの印象は『絵がめっちゃきれー!』なんですが、アポクリファに関しては、絵が綺麗と言うよりは『よく動く?』でしようか。

いやなんか違うな。『迫力ある!』の方がいいかもしれません。

1話の冒頭はまさに【聖杯大戦の真っ最中】みたいな戦場の場面からスタートするのですが、これが

 

ヴウウウウワアアアアアーーーン

 

みたいな感じで、しっちゃかめっちゃかドッタンバッタンの迫力ある感じでした。

セイバー同士の戦いもスピード感があってよかったです!

制作会社が違うので、やはり前のシリーズとは違った絵ですが、これはこれでありです。特徴はスピード感だと思います。

 

そして、いつもは7人のサーヴァント(英霊)が、今回は倍の14人+1人の合計15人も登場します。どんなサーヴァントが召喚されるのか、これはFateシリーズの面白さの一つだと思うんです。

今回はいっぱいいますからね!どうやって話に絡ませていくのか楽しみです。

特にモードレッド、ジャンヌ・ダルクジークフリートジャック・ザ・リッパーシェイクスピアなんかは、歴史に詳しくない私でも、名前を聞いたことがありますからね。今後が楽しみです。

でもシェイクスピアは物書きですからね。どうやって戦うんでしょうか?

とにかく。歴史上の偉人が出てくるアニメってなんかワクワクしますね。

 

そろそろ1.2話の感想を簡単に。

1.2話は聖杯大戦の説明とサーヴァントの紹介でした。一応2話最後に少し動きましたが、どうなるんでしょうか?

 

今のところ気になるのは、やっぱりシロウ・コトミネたちが何をしようとしているのか?なぜルーラーを抹殺したいのか?ですよね。

獅子劫とモードレットは「嫌な感じがする」と言って、同じ”赤”の陣営ですが、一緒に行動しないことにしていました。

何か企んでいるのは間違いないと思いますが、一体なんなんでしょうか?

そしてシロウ・コトミネとランサーのマスターは仲間?(少なくとも、一緒にルーラーを始末しようとしている)のようです。他のマスターは?

 

 

他にも、聖杯戦争を成立させるためのクラスルーラーとは?

今までのアニメシリーズにはなかったルーラーのクラス。Fateを原作まで読んでらっしゃるファンの人は知っているのでしょうが、アニメしか見てない私には今のところ謎だらけですね。

 

そしてアポクリファは、第4次聖杯戦争に当たる【Fate/Zero】の前の話、冬木の聖杯戦争が第3次で終わってしまった、もう一つの世界の話のようです。

だからアポクリファ外典というタイトルが付いているんですね。

 

いろいろ調べないと付いていけないFateシリーズですが、今後のストーリー展開が楽しみです!

 

そういえば、モードレッドが父がどうのこうの言ってましたが、父ってアーサー王ですよね?アーサー王ってあのセイバーですよね?だとしたらそれって父なの?それともあのセイバーとは別人なの?

非常に気になります。

 

あと今更かもしれませんが、サーヴァントの真名を、まだアニメに出てないものまで調べて載せてしまってます。気になって調べてしまいました。

少しですが今後のネタバレに繋がってしまいますよね。すいませんでした。

でも感想とかネタバレ見にきてるようなもんなので、いいですよね?セーフですよね?いやこれはセーフだ!セーフセーフ!

 

次回に続く!