ROOM45

とにかく思いついたこと、話したいこと、気になること、紹介したいことを記事にしていく

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ) 第6話感想【2017年夏アニメ】

第6話の感想です。

 

今までとおすすめ夏アニメ

 

room45.hatenablog.com

room45.hatenablog.com

 

 

第6話の簡単なあらすじ

【叛逆の騎士】

モードレッドの過去の夢を見る獅子劫。アーサー王の息子として認めたもらえなかったモードレッドは、アーサー王に叛逆し、最後はアーサー王の槍によって突き刺された。

獅子劫とモードレッドは連続猟奇殺人事件に対処するため、シギショアラの街へ来ていた。

魔術師をばかりを狙う殺人犯に対し、獅子劫は自らを囮にする。そして現れたのは黒のアサシン【ジャック・ザ・リッパー】。

モードレッドはジャックと戦闘を開始する。そこへ現れた黒のアーチャーとそのマスター。ジャックは撤退し、モードレッドたちは黒のアーチャーたちと戦闘を開始するのだった。

f:id:onuma00:20170808104427p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

感想

あぁ〜フランケンシュタインちゃんかわいい〜・・・

 

あ、いや、すいませんつい。

 

冒頭は過去回想からのスタートでした。やっぱりモードレッドの父親は”あの”セイバーでしたね。

魔術師の母親の「その生命のセイズイを生き写した王の分身」ってセリフから察するに、魔術で生み出された生命体。もしかしてホムンクルスだったんですかね?

 

これなら女性であるはずのアーサー王の息子(娘)だというのにも納得できますね。

ちょっとスッキリしました。

それにしてもアーサー王に対してモードレッドめっちゃキレてますね。息子として認められなかったことに対してここまで怒るとは。アーサー王のことをめっちゃ好きだったんですね。じゃないとここまで怒らないし、殺そうとしないですよ。

 

 

今週のジャックちゃんですが、人を殺して心臓を食べることで魔力を手に入れていたみたいですね。と言うことは母さんと呼ばれていたあの女性は魔術師ではないのかな?

なんのために一緒にいるのか?そんなに物語に関係してこない気もしますが、今後明かされるの待ちですね。

 

そして黒の陣営ではなにやら動きがあります。

黒のキャスターの宝具の動力炉にする予定だったジークに逃亡されてしまい、代わりを用意するみたいなのをヴラド3世たちが話していましたが、もしやジークフリートの元マスターがそれにされてしまうのでしょうか。ちらっと映してましたけどミスリードかな?

でもそうなったとしたら、ある意味セイバーには裏切られるし、黒の陣営からは怒られるし、挙句の果てにゴーレムの心臓にされちゃうなんて踏んだり蹴ったりですね。

そしてアストルフォのマスターは完全にイっちゃってますねー。アストルフォくんが犯されてしまうー。逃げてー。

 

対して赤の陣営ですが、シロウと赤のアサシンが【ハンギング・ガーデンズ・オブ・バビロン】ができたー。って話してますね。

なんか舞台は整ったって感じです。そろそろ聖杯大戦にふさわしい戦いが始まるんでしょうか。

f:id:onuma00:20170808104449p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

そういえばジャックちゃんだいぶきわどい衣装着てますね。そんなんわけでモードレッドと戦闘開始をするかと思いきや黒のアーチャーの乱入でジャックちゃんは撤退して行きました。

 

はい。ということでモードレットたちVSケイローンたちのバトル開始です。

f:id:onuma00:20170808104556p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

まあサーヴァント同士の戦いはいいとして、マスター同士の戦いがやばい。

車椅子に乗ったままだと思っていたケイローンのマスターは機械のアームで動いておりました。なんかスパイダーマンの敵キャラにこんなんいましたよね。

対する獅子劫さんはショットガンで応戦しているのですが、銃弾が指じゃないですか。

ネクロマンサーって設定がこういうところで出てくるんですね。

 

そして獅子劫さんが止めの銃弾を撃ったところで終わってしまいました。

次回フランケンシュタインちゃんのマスターが、姉であるケイローンのマスターをかばいに来て代わりに死んでしまわないか心配です。

 

 

次回へ続く!