ROOM45

とにかく思いついたこと、話したいこと、気になること、紹介したいことを記事にしていく

プリンセス・プリンシパル 第3話感想【2017年夏アニメ】

第3話の感想を書かせていただきます

 

今までとおすすめ夏アニメのまとめ

 

room45.hatenablog.com

room45.hatenablog.com

room45.hatenablog.com

 

 

 

第3話の簡単なあらすじ

【case2 Vice Voice】

アンジェたちの仲間となったプリンセスとベアトリス。そこへ盗まれた共和国の紙幣の原盤を取り戻すミッションが命じられる。

プリンセスを利用としているのではとアンジェのことを疑うベアトリスは、アンジェと共に飛行艇に侵入する。

ベアトリスにより危機に陥るアンジェだったが、最終的にベアトリスの活躍により危機を脱し、原盤を取り戻すことに成功する。

そしてアンジェたちに対するベアトリスの警戒は解かれるのだった。 

f:id:onuma00:20170726003246p:plain

TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』公式サイト

 

 

感想

いやー今回はちょっと好き嫌い別れる回じゃないですか?違う?私だけ?

 

今から私の個人的意見を書きます。

気分が悪くなる人もいるでしょうから、それでもいいという人だけ続きを読んでください。そうじゃない人はブラウザバックとか他の記事みるとかでお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ベアトリス!アンジェの邪魔しすぎ!わがまま言いすぎ!アンジェ死にかけてるじゃん!」

 

 

はい。すみませんでした。なんか今回は二人が飛行艇に潜入してから終始イライラして終わってしまいました。

 

もちろんベアトリスもプリンセスのことを思っての行動だとはわかっているのですが、やっぱりちょっと納得できなかったんですよね。

 

 

いやまてよ。只今絶賛ベアトリスアンチの状態の私。せっかくなのでもう1度ベアトリスに付いて考えてみよう。

 

そもそもベアトリスはプリンセスのお世話係です。本当普通の女の子。

プリンセスの言葉通りなら、ベアトリスはプリンセスがスパイになると言い出すなんて全く知らなかったんです。

そしてこの事について完全に反対していました。プリンセスのことを思えばこその反対です。

 

今までの暮らしからは考えられもしない存在である【スパイ】が突然身近に現れるのです。

ベアトリスの考えでは、人を騙したり欺いたりするのがスパイです。

しかもそのスパイは元々プリンセスと入れ替わって諜報活動をしようと企んでいた連中です。

 

いくらプリンセスが許可したからと言って、そんな奴らが大好きなプリンセスの前に現れたら、全く信用できないし、敵意むき出しになるのは当然ですね。

 

 

ベアトリスは機械狂いの父親に喉を機械に改造され、それが原因でいじめられた過去があったようです。ちょっとこの設定重すぎますね。母親っぽい人からもすんごい目で見られてました。

 

そんな彼女に声をかけてくれたのがプリンセスだったみたいですね。一人ぼっちだった自分を救ってくれた存在。彼女にとってプリンセスはかけがえのない存在なんです。

 

絶対にプリンセスを危険な目に合わせたくない。でもプリンセスはスパイとなってしまった。任務をこなさなければならない。

誰も信用できない。ならば自分が絶対守ってやる。そんな強い想いがあったんですね。

f:id:onuma00:20170726003327p:plain

TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』公式サイト

 

その強い想いから、プリンセスとそっくりで、入れ替わる可能性があるアンジェから絶対に目を離さない、そして無理やり付いて行った結果、アンジェの邪魔をするようなことになってしまったのです。

 

さて、私なりにしっかりベアトリスの気持ちを考えて、もう1度見直した結果。

 

「まあ、しょうがないか・・・というかベアトリス。なんかごめん・・・」

 

と言う結果になりました。

 

苦戦したのも一応アンジェの不注意が原因とも取れなくはないし、今回はしょうがないですね。

 

許してあげましょう。というかごめんなさい。

 

 

はいベアトリスのことはこれくらいにして、アンジェのことです。

 

どうやらアンジェが帝国側にスパイとして潜り込んだ理由は、プレインセスに会うためだったみたいです。

プリンセスに二人で逃げることを提案していましたが、プリンセスは女王になりたいと言ってこの誘いを断りました。

女王になるのにこだわっている理由は、幼い頃にアンジェと交わした約束が関係あるみたいですが、この二人の関係はなんなんでしょうかね?

やっぱり姉妹なんですかね?

 

そしてアンジェの言葉も気になります。

 

「私が騙してあげる。あなたも。世界も。」

「そして私自身すらも。」

 

一体この言葉に隠された真意はなんなんでしょうか。

 

 

今回も相変わらずドロシーは可愛かったですねー。

男装がなんやかんやの下の時のドロシーが好きです。

 

そしてアンジェが強すぎる。

機関銃の弾は当たらないし、結構激しめの水流の中泳ぐし、兵士ボコボコにするし、戦闘力もそうですけど、通信機から一気にたくさんの音声を聴きわける技は本当すごすぎる。

 

そしてそしてこのアニメは相変わらず絵が綺麗ですね。こういう絵好きです!

 

ということで

 

次回に続く!